主なカテゴリ
  • アジア共同体講座開設 大学への助成
  • 研究機関・研究者への助成
  • その他の助成
  • アジア共同体講座開設 大学一覧

ワンアジア財団の歩み

2003年 8月 NPO法人ワン・アジアクラブ発足
日本、韓国、中国、モンゴルの有志150名が集まり
将来に向けたアジア共同体の創成を目指す活動を開始
その後、ワン・アジアクラブは、7ケ国13都市に拡大
2009年 12月 一般財団法人ワンアジア財団を設立、NPO活動を休止し、アジア共同体の創成に寄与するために、大学でのアジア共同体論の講座開設に対する助成を、主な活動とすることとした。
2010年 3月 事務所開設、専任スタッフ3名を配置し、スタート
8月 韓国国立放送通信大学で、理事長の特別講演放映
9月 日本大学国際関係学部、高麗大学、建国大学、又石大学で寄付講座スタート
(日本1大学、韓国3大学)
11月 アジア経済共同体フォーラム2010
(韓国・仁川) 参加
2011年 7月 東京で第1回コンベンションを開催、7ケ国から大学教授・学生100名をふくむ約300名が参加
7月 東京大学情報学環現代韓国研究センター国際シンポジウム「アジア安全共同体を目指して」(東京大学福武ホール)共催
8月 東京メトロポリタンテレビの特集番組(30分)にて、財団の活動の紹介(「目指せアジア共同体」ワンアジア財団)
11月 アジア経済共同体フォーラム2011(韓国・仁川) 協賛参加
11月 ワンアジア財団叢書「アジア共同体の創成に向かって」を出版
2012年 3月 第1回国際アジア共同体学会(東北大学川内萩ホール)協賛参加
7月 仁川(韓国)で第2回コンベンションを開催、大学教授140名、学生70名をふくむ約350名が参加
8月 「日中国交正常化20周年ならびに韓日国交40周年記念シンポジウム」(北京大学講堂)協力参加
11月 日本政治社会学会等5団体共催シンポジウム「東アジア共同体への道」(京都大学百周年記念ホール) 参加
2013年 3月 バンドン(インドネシア)で、バンドン会議の会場となった博物館において、第3回コンベンション(東南アジア・南アジア地域対象)を開催、アセアン9ケ国をふくむ14ケ国から、74の大学の教授130名、学生をふくむ280名が参加
5月 ワンアジア財団香港事務所開設
2014年 8月 済州道(韓国)で第4回コンベンションを開催、アジアをはじめ、29の国・地域200の大学から、約600名を超える教授および大学関係者が参加
2015年 8月 上海(中国)で第5回コンベンションを開催、アジアをはじめ、30の国・地域240の大学から、約600名を超える教授および大学関係者が参加
2016年 8月 プノンペン(カンボジア)で第6回コンベンションを開催、アジアをはじめ、31の国・地域250の大学から、約600名を越える教授および大学関係者が参加
2017年 8月 「ワンアジア財団 7年のあゆみ-2009~2016-」と同資料編を日英同時出版
2017年 8月 名古屋(愛知)で第7回コンベンションを開催、アジアをはじめ、28の国・地域290の大学から、約500名を越える教授および大学関係者が参加

このページのTOPへ